歩くだけでも痛む足底筋膜炎で悩む野球少年

今日は、足底筋膜炎で満足に野球ができなくなった中学生のY君を紹介します。

歩くのも痛い足底筋膜炎になった野球少年

Y君は3年前から足の裏の痛みで満足にプレーが出来ない状態を隠したまま、
ずっと野球を続けてきていました。

するとお父さんがそれに気付き、一緒に当院に来院されました。


歩く姿を見ると、

足の裏に衝撃がかからないように
抜き足差し足忍び足のような歩き方になっています。

ほとんど運動をするのは困難な状態です(T_T)


関節の可動域検査をしてみても、

腰の前屈検査は-11cm、
背中で手を組む検査では左右とも-18~19cmと、

身体は硬く、
とてもピッチャーが務まるような状態ではありません(*_*)

 

左の写真を見てください。初診時の姿勢です。

膝が曲がって、お尻が下がっています。


これは脚の後面の筋肉が収縮して硬くなっているため、
膝が伸びなくなっているのです。

その原因を探っていくと

Y君は股関節にねじれがあり、脚全体の軸がズレてしまっているために不安定となって
筋肉を収縮させているようでした。


太ももやふくらはぎの筋肉は足の裏とつながっているので、
太ももやふくらはぎが硬いと当然足の裏も硬くなります。


股関節、膝関節、足関節のねじれを矯正し
足裏の緊張をとっていくと、

前屈運動では床に手が付くようになり、

Y君は「足が弾むくらいに軽く、痛みもスッと引いた」と言ってくれました(^^)


膝も以前より伸び、お尻も高くなり、
姿勢が良くなりました。

 

あと、肩もねじれ、肘が曲がり、手首も曲がっていたので

矯正していくと、

シャドーピッチングで上がらなかった右肩が高く上がるようになり、
Y君に言わせると、今までに感じたことのないスムーズさだったそうです。

 

---


実はY君のように身体が痛いのに
我慢してスポーツをされている方は意外と多くいらっしゃるんです。

スポーツ障害の場合、
繰り返しの動作による使い痛みだと思われがちですが、

関節や筋肉のスムーズな動きが阻害される要因があり、
不具合が生じるのであって、
ただ単なる使い痛みではない場合がほとんどです。

そのために身体を整える整体が必要となるのです。


痛みを抱えたままだと
痛いところをかばって動きに制限が起こり、
プレーもなかなか上達しにくくなります。

そしてなにより身体に悪い癖が付き、
大きな故障を起こす危険性があります。


スポーツをしていて

・痛みを我慢している方
・違和感があるのにほったらかしにしている方
・右は出来て左には出来ない動きがある

など、できるだけお早目に相談してくださいね(^^)


=====================

このブログがお役に立ったようでしたら、

コメントなどいただけると励みになります。

=====================
肩こり・腰痛・スポーツ障害なら
【京都市中京区の整体マッサージ】むらかみ整骨院

京都市中京区壬生坊城町33-4
(阪急大宮駅・嵐電四条大宮駅から徒歩5分)

TEL 075-811-9808
「ホームページをみて・・・」とお電話ください!

携帯・スマホやPCから簡単予約ができるようになりました!
24時間いつでも予約していただけますのでぜひご利用ください。

WEB予約はこちら
↓ ↓ ↓
http://onemorehand.jp/m_seikotsuin/

駅周辺のお店クチコミサイト「エキテン!」
当院のクチコミはこちらからどうぞ
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
http://www.ekiten.jp/shop_3162293/

コメントを残す

このページの先頭へ