顎関節脱臼の症例 | 【京都・中京区、四条大宮の接骨院】むらかみ整骨院

こんにちは、むらかみ整骨院の村上です。

今日は朝一で電話が鳴り、顎関節脱臼の患者さんが来院されました。

 

出勤途中にあくびをしたら、あごが外れたそうです。

 

この患者さんは5年前にも顎関節脱臼をしたことがあり、

習慣性の傾向があるようです。

 

顎関節脱臼症例

私はいつも一人で整復するので、

患者さんに背中を壁につけて長座してもらい、

 

両母指にガーゼを巻き、奥歯に当てがい、

残りの4指であごをしっかりと把持し、下方にけん引。

あご周囲の筋肉が緩んだら、

把持した下顎を前上方にすくい上げるようにして整復が完了。

 

顎関節脱臼整復後

 

整復後はしっかりと口が閉じ、話もできるようになりました。

 

注意することなどを説明し、治療終了です。

 

 

今日は休みだったのに、朝からバタバタです(笑)

 

 

=====================
肩こり・腰痛・スポーツ障害なら
【京都市中京区の整体マッサージ】むらかみ整骨院

京都市中京区壬生坊城町33-4
(阪急大宮駅・嵐電四条大宮駅から徒歩5分)

TEL 075-811-9808
「ホームページをみて・・・」とお電話ください!


駅周辺のお店クチコミサイト「エキテン!」
当院のクチコミはこちらからどうぞ
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
http://www.ekiten.jp/shop_3162293/

コメントを残す

このページの先頭へ