自律神経失調症も姿勢を正すことで改善するんですよ。

神経内科で自律神経失調症と診断された、中京区にお住いのKさんの症例を紹介します。自律神経失調症と診断された患者さん

Kさんは首・肩・背中・腰の痛みに加え、
頭痛、めまい、夕方になると熱が出るという

不定愁訴のオンパレードのような方なんです。

 

施術前の姿勢を見てみると、

膝が曲がり、背中が丸くなって、大きく前傾姿勢になっています。

 

姿勢が崩れているというのは

構造的ストレスが身体にかかっているということです。

自律神経失調症は、なにも精神的ストレスだけではなく、

構造的ストレスも関係します。

 

そのストレスを取り除いてあげると、

自律神経失調症や不定愁訴も軽減する場合が多いのです。



しかも、このような姿勢でいると体の状態が悪いだけでなく、

まだ20代なのに、元気がないように見えてしまいますよね。

 


右側の写真は、6回目の施術後です。

 

膝が伸びて、背中がシャキッとし、

頭が身体の真上にきて、肩と耳の穴と頭のてっぺんが一直線に揃いました。

 

ずいぶんと印象が違ってみえるでしょう。

 

もちろん体の痛みもすっきり改善し、

その後、自律神経失調症の症状もずいぶん軽減したそうです。

 

 

=====================

駅周辺のお店クチコミサイト「エキテン!」
当院のクチコミはこちらからどうぞ
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
http://www.ekiten.jp/shop_3162293/

携帯・スマホやPCから簡単予約ができるようになりました!
24時間いつでも予約していただけますのでぜひご利用ください。

WEB予約はこちら
↓ ↓ ↓
http://onemorehand.jp/m_seikotsuin/

肩こり・腰痛・スポーツ障害なら
【京都市中京区の整体マッサージ】むらかみ整骨院

京都市中京区壬生坊城町33-4
(阪急大宮駅・嵐電四条大宮駅から徒歩5分)
TEL 075-811-9808
「ホームページをみて・・・」とお電話ください!

 

コメントを残す

このページの先頭へ