体育座りでお尻が痛むのは骨盤の歪みが原因かも・・・

今回は前かがみになったときに腰が痛くなった中京区在住の20代のHさんを紹介します。

体育座りでお尻が痛む

Hさんは朝、前かがみになったときに腰を痛め、当院に来院されました。

 

症状としては、

前かがみ、腰を反ったとき、右に体をひねったときに痛みが出るようです。

 

さらに、体育座りをしたときに

『お尻』

が痛いんです。

 



早速姿勢(左の写真)を見てみると、

腰が反って、お尻が極端に出ています。


これは骨盤が前に倒れて、

坐骨が後ろに出っ張っているためです。


だから体育座りをすると坐骨が圧迫され、

お尻が痛むんです。

 

 

何回か骨盤の矯正を繰り返し、

腰の痛みも体育座りをした時も痛くなくなってきたので、


もう一度写真を撮ってみると、



右の写真のように、


腰の反りが緩やかになり、

お尻が凹み、

ヒップアップしました。

 

 


体重は変わっていないのに

お尻が凹むと、

それだけでスリムに見えますよね。


すなわち痩せて見えるには

なんの努力もいらないわけです(笑)

 

 

もしあなたが体育座りをするとお尻が痛むのなら、

骨盤の歪みが原因かもしれません。


=====================

駅周辺のお店クチコミサイト「エキテン!」
当院のクチコミはこちらからどうぞ
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
http://www.ekiten.jp/shop_3162293/

携帯・スマホやPCから簡単予約ができるようになりました!
24時間いつでも予約していただけますのでぜひご利用ください。

WEB予約はこちら
↓ ↓ ↓
http://onemorehand.jp/m_seikotsuin/

肩こり・腰痛・スポーツ障害なら
【京都市中京区の整体マッサージ】むらかみ整骨院

京都市中京区壬生坊城町33-4
(阪急大宮駅・嵐電四条大宮駅から徒歩5分)
TEL 075-811-9808
「ホームページをみて・・・」とお電話ください!

コメントを残す

このページの先頭へ