膝が痛くてしゃがめない、オスグッド病のサッカー少年

今日は膝が痛くてしゃがめない、右京区のY君をご紹介します。

子どもの膝痛、オスグットシュラッター

Y君は中学1年生のサッカー少年です。

半年ほど前から膝に痛みを感じながらも、サッカーを頑張ってやっていました。

 

サッカーをしているときはそれほど気になりませんが、

終わった後に強い痛みがあり、

足を引きずるようにして歩いているそうです。

 

最近になって膝の腫れと痛みがひどくなり、

日常生活にも支障がでるようになってきたため、当院に来院されました。

 

 

これは中学生から高校生くらいのスポーツをしている子どもに多く発症する

『オスグットシュラッター病』

という傷病です。

 

スポーツをする際、

飛んだり、跳ねたり、ボールを蹴ったりのくり返しの動作によって、

太ももの前面の筋肉が膝のお皿の下の骨を強く引っ張って

その部分に炎症が起こり、発症することになります。

 

子どもの骨はまだ柔らかいので

激しい運動での筋肉の牽引力に耐えられないのです。

 

整形外科などでは、

通常は一定期間スポーツを休めば良くなると言われますが、


なかなか休むことってできませんよね。

 

しかも、休んで痛くなくなったからといって

再開すれば、また繰り返すことになります。

 

当院では

オスグット・シュラッター病の原因は使い過ぎによるだけではなく、

体の構造的ストレス(体の歪み)が深く関係していると考えています。

 

単なる使い過ぎが原因だとすると、

スポーツをしている全員がなるはずですよね。

 

現実に、すごく激しく運動をしていても

オスグット・シュラッター病にならない人も多くいらっしゃいます。

 

その違いは何かと言うと、

 

・関節のねじれ

・体の傾きや歪み

・バランスの悪さ

 

などの体の構造的な違い、

要は体についた癖にあるのです。

 

なので、当院では

関節のねじれや体の歪み、バランスを

良くするように施術しながら

 

スポーツは続けてやってもらっています。

 

Y君も最初は痛みでしゃがむことができなっかったのが、

 

子どもの膝痛『オスグットシュラッター病』

バランスが良くなるように施術していき、

膝にかかる負担を軽くしてあげると、

 

施術後には

このように完全にしゃがめるようになりました(^^)

 

 

身体が良い状態を覚えるまではしばらくかかるので

くり返しの施術が必要ですが、

 

運動を休まずに

オスグット・シュラッター病を良くしたい、とお考えであれば、

 

当院に一度ご相談ください。

 

 

=====================

駅周辺のお店クチコミサイト「エキテン!」
当院のクチコミはこちらからどうぞ
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
http://www.ekiten.jp/shop_3162293/

携帯・スマホやPCから簡単予約ができるようになりました!
24時間いつでも予約していただけますのでぜひご利用ください。

WEB予約はこちら
↓ ↓ ↓
http://onemorehand.jp/m_seikotsuin/

肩こり・腰痛・スポーツ障害なら
【京都市中京区の整体マッサージ】むらかみ整骨院

京都市中京区壬生坊城町33-4
(阪急大宮駅・嵐電四条大宮駅から徒歩5分)
TEL 075-811-9808
「ホームページをみて・・・」とお電話ください!

 

コメントを残す

このページの先頭へ