肩こり

肩こりにお悩みなら

私は国家資格である柔道整復師として
2001年の開院以来、延べ12万人を超える患者さんを診てきましたが、
その中でも慢性的な肩こりを訴える患者さんが非常に多くいらっしゃいます。

「肩が凝る」「肩がガチガチ」「肩がパンパン」
「肩が張る」「肩が鉄板みたい」「肩がドーンと重い」
「肩に石がのっているみたい」「肩が痛い」「肩が固い」など

一口に肩こりといってもいろんな表現をされます。

最近ではパソコンなどのデスクワーク、スマホやタブレットなど
下を向いて背中を丸め、悪い姿勢での長時間作業が増えています。

そのような方は特に肩の凝りを訴えられることが多いですね。

 

朝起きてすぐに肩が凝ってくる…

何もしていないのに肩が凝る…
マッサージをしても次の日には元に戻ってしまう…
ストレッチや運動をすればいいのはわかっているんだけど…

そんな患者さんが当院には来院されています。

あなたが肩こりでお悩みでしたら、
こちらに当院の治療方針について書きましたので

ぜひ、ご参考にしてください。

 

地球上には重力が存在します

肩こりのおじさん

人間は重力に抵抗して二本足で立っています。

正常な場合、前後左右均等に力がかかることで
バランスよく立つことができます。

一方、体が歪みバランスが崩れると、
偏って筋肉が緊張することになります。

これが「凝り」の原因です。

内臓の疾患やストレスが原因の場合もありますが、
ほとんどの場合は「姿勢」に関係があります。

 

当院ではこんな治療をしています

肩こりは姿勢が原因

当院ではその肩こりの原因は「姿勢」にあると考え、
「姿勢」を正しくすることで肩こりを改善していきます。

その良い姿勢を維持していくことができれば、
肩こりに悩むこともなくなります。

姿勢が悪くなるのは、普段とっている姿勢が悪いか、
日常生活で偏った体の使い方をしているため、
その状態が体に染みついているからなのです。

「肩こり」にならないようにするためには凝りの原因となっている動作や
姿勢、生活習慣を変える必要があります。

当院では施術はもちろんのこと、日常生活や姿勢のアドバイス、
セルフケアやホームエクササイズなど様々な面からサポートしています。

もちろん内科的な原因を疑った場合は
病院を受診されることをお勧めいたしますのでご安心ください。

 

肩こりが改善された患者さんの喜びの声

N.Iさん
<会社員>

「納得のいくところまで話してくださった」
(肩こりで来院されました)

先生がじっくりと話を聞いて下さり、何が原因で何をどうすればよくなっていくのかをしっかりと納得のいくところまで話してくださったので、とても安心できました。

K.Uさん
<主婦>

「吐き気する程の激痛はなくなりました」
(肩こりで来院されました)

激しい頭痛がする程の肩こりで苦しみ、来院させてもらったのが初めてでしたが、定期的に通院するようになってからは吐き気する程の激痛はなくなりました。

S.Nさん
<歯科助手>

「次もお願いしようという気持ち」
(肩こりで来院されました)

日頃気を付けた方が良い事や痛みの原因を親切に教えてくださるので信頼出来、また次もお願いしようという気持ちになります。

M.Fさん
<パート>

「体が軽くなってきました」
(肩こりで来院されました)

施術は痛気持ちいい感じで、眠くなることもあり癒されます。痛みがかなり軽減し、体が軽くなってきました。小さな子がいても通えるのですごく助かります。

H.Tさん
<OL>

「また仕事がんばろうという気になります」
(肩こりで来院されました)

首や肩のコリがひどくてツライ毎日を送っていたのが、むらかみ整骨院に通うようになって体が軽くなりました。体がリフレッシュすると、また仕事がんばろうという気になります。

S.Aさん
<会社員>

「不思議なくらい肩が軽くなり…」
(肩こりで来院されました)

先生はしっかりと症状を聞いて下さり、考えられる原因をわかりやすく説明してくださいました。整体を受けた後は不思議なくらい肩が軽くなり、楽になっていました。

S.Mさん
<OL>

「体型にも変化があったので嬉しい」
(肩こりで来院されました)

肩こりがひどく頭痛に悩んでいたのですが、こちらに通うようになって緩和されました。同時に悩んでいた骨盤のでっぱりも改善されて、体型にも変化があったので嬉しいです。

K.Mさん
<会社員>

「定期的に通院したいと思います」
(肩こりで来院されました)

肩こりからの右腕のしびれと思っていたが、実際は別の要因からと判った。今後の健康な身体を得るために、定期的に通院したいと思います。

 

お気軽にご連絡ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ